ダサいセーターの日はいつ?12月の第3金曜日はアグリーセーターの日

ファッション
記事内に広告が含まれています。

皆さん「ダサいセーターの日」という言葉を聞いたことがありますか?

英語ではアグリーセーターと言い、クリスマスシーズンに派手な柄のセーターを着る習慣があるのだとか。

最近は日本でもじわじわ人気が出てきていて、去年はダサいセーターを着るパーティーもあったそう!

今年のアグリーセーターの日はいつでしょうか?

みんなでダサいセーターを着るとその1日が楽しめそうですよね!

スポンサードリンク

ダサいセーターの日はいつ?

ダサいセーターの日はいつでしょうか?

日本ではまだメジャーではないので、カレンダーにも載ってないし…(当たり前!)

みんなで揃えて、同じ日に着たほうが楽しいですよね!

12月の第3金曜日!

ダサいセーターの日は12月の第3金曜日です!

2022年は12月16日ですね!

なぜ平日なのかは謎ですが、金曜日だと休み前の最後の出勤日。

ダサいセーターを着てテンション上げてラスト1日頑張ろう!と思えるかもしれません。

だから毎年日程が変わる

第3日曜日ということは、毎年日程が変わります。

ネットで調べていたら、色々な日が出てきて焦りました。

そんなの覚えられない!という方には、「クリスマス前週の金曜日」と覚えたら忘れなさそうです。

スポンサードリンク

ダサいセーターの日って何をするの?

そもそも、ダサいセーターの日って何?って思いますよね。

バタナツも初めて聞いた時、「なにそれ?」って思いました。笑

元々はアメリカなどの海外で、おじいちゃんおばあちゃんなどの家族から、手編みの独特な柄のセーターを贈り物でもらうところに起源があるそうです。

そう思うと、日本でもひと昔前までは、手編みのセーターありましたよね。

バタナツもおばあちゃんちでセーターの毛糸を解いて、丸めるっていうお手伝いしてました。

レトロな独特な柄、セーターがまるでキャンバスになっていて、可愛いのです。

そういうセーターを着ればいいのか!

海外では手編みでなくても、クリスマス感を楽しむために、クリスマスらしい柄のセーターを着てパーティーをしたりするのだとか。

アグリーセーターはクリスマスを楽しむのもで、決してダサくない!と言う海外の方もいるようです。

ダサいセーターの日にパーティーがある!

日本でもジワジワ人気が出ているダサいセーターの日。

なんと!ダサいセーターを着るパーティーが渋谷で開催されるそうです!

ダサセーターパーティー2022-Ugly Sweater Party-

 

ダサセーターコンテストがあり、一番ダサいセーターを競うそうですwwww

賞金5万円!結構な賞金額にびっくりです。

当日会場に行けなくても、SNS投稿の部もあり、こちらは賞金3万円!

なんて太っ腹なパーティーなんでしょう!

なんか楽しくなってきますね~

2021年もダサセーターパーティーがあった!

朝の情報番組、スッキリ!で取り上げられ、木曜日コメンテーターのモーリー・ロバートソンさんがパーティーに参加されていました。

アメリカ出身のモーリーさん。

ダサいセーターの日という話題が出るとかなりの食いつきで、放送中にパーティーへの出席してレポートを撮影する!とその場で決めてらっしゃいました。

それほど、アメリカではアグリーセーターはメジャーなんですね!

集まったパーティー参加者の皆さんのセーター、どれもダサいです。笑

でも個性的で芸術を感じます。

セーターってキャンバスだったのか!

セーターの無限の可能性を感じることができました。

スポンサードリンク

まとめ

ダサいセーターの日がいつなのか調べてみました。

12月の第3金曜日、クリスマス前週の金曜日と覚えました!

クリスマスに特に予定がなくても、ドレスコードを作って、季節のイベントを楽しむのは気分が上がりますね。

もちろん、ダサいセーターは12月の第3金曜日以外に着ても全然OKです。

皆さんも、この時期だからこそ着れるダサいセーター(アグリーセーター)を着て、クリスマス気分を上げてみてください!

バタナツでした。アンニョン!

コメント